一定期間更新がないため広告を表示しています

今日、大塚朋美さんによる朗読会をおこなった。

まだ準備をしているとき、たまたま来店した方がおなじく大塚さんという名前だった。
 
朗読会の大塚さんは岐阜、あとから現れた大塚さんは高知から来られたという。
 
この出来事がたんなる偶然とはおもえなかった。

大塚さんがふたり居たからではない、なんとなく直観でそう感じたのである。

予感したとおり、高知の大塚さんから一冊の本がでてきた。


万物の根元「創造からの贈り物」 田村京子著

田村京子は大塚さんのペンネームである。

気になったので朗読会終了後すぐに読みかけた。
 

車窓を流れる風景を眺めるように読んでほしい

その時には何とも思わなかった景色が ふとした瞬間に 

脳内ではじけて目の前に蘇るように

ただ流れていっただけの言葉たちが蘇り 

心に響く 気づけば “ 本物の人生 ”を紡いでいる



(中略)


知識を追う必要はない

知りたいことを求め

想いのままに動くがよい

想いのままを発するがよい

そうすることから 全てが順調に巡るのだ

その様に応援をしているのだ



(中略)


本を読むとは 文字を読み文章を記憶することではなく

その奥に広がる世界を感じ取ること

心の奥に湧き上がるものを感じ取ること

自らの心の奥に真理が浮かび上がるもの

自らの心の奥を読み進むこと




なんだこの本は?

心にあるもの、自分が言葉にできないものを代弁してくれているようだ。

この人、何者?


読みすすめるまえに確かめておきたいことがひとつあった。

「創造」の意味である。

創造(そうぞう)とは、新しいものを産み出すこと。
創作や発明、あるいは新しい考え方など、オリジナリティの強いものに対し使うことが多い。

創造力を育むには「退屈な時間」が重要と指摘されている
 (ウィキペディアより)



自分が理解していたものと大差ないが、あとの部分がひっかかった。

自分の創造力 = 自分の退屈な時間   こんな式が成立しやしないか?


だとしたら、力の使いかた、時間の費やしかた、あらためなければならないことがたくさんある。

人は誰でも創造したい。 すくなくとも私は。 



この本が訴える創造とは何を意味するのか、まだ読みすすめてみないとわからないが
何か大きな影響を与えてくれそうな予感がする。

現に、わたしは動かされている。

一冊読み終えないうちにネットで発信することはまずない。
このブログも久々の更新である。
 
「 想いのままに動くがよい 想いのままを発するがよい 」


いや、もしかしたら・・・

朗読会の開催を決めたときから動かされていたのかもしれない。

創造というものに。

関連する記事
コメント
コメントする