一定期間更新がないため広告を表示しています

 僕は 大自然の驚異に 敬意を払う

だからアマゾンの現状に 怒りを覚える


毎秒 フットボール場の面積が 伐採されてるという

環境破壊が気がかりだ



だからこういう曲を書く


人々が目覚めて 希望を抱けるように



僕は 地球を愛してる

木が大好きだし 紅葉する葉も魅力的だ



僕は そういうものに尊敬の念を抱いてる






自然は 必死になっている

人間の不始末を 埋め合わせようと


地球は病んでいて 熱があるんだ

今でなければもう治せない


今が 最後のチャンスなんだ


僕らは暴走列車


今こそ その時




みんなこう言う

‘誰かがやってくれる’と


‘誰か’って?


僕から始めよう

でないとなし得ない



関連する記事
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • by -
  • 2011/08/28 3:16 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL